全員揃ってのグループ練習

全員揃ってのグループ練習

カタルーニャスーパー杯決勝の後、一日、休日を貰ったバルサのトップチームは、今日から再び、週末のグラナダ戦に向けて準備を始めた。

バルサのトップチームは、ティト・ビラノバグラウンドで、木曜日の午前中、週末のグラナダ戦に向けて、調整をスタートした。試合は、土曜日の20時45分キックオフだが、それまでに後、2回、練習を行なわれる。

カタルーニャスーパー杯の決勝で敗れた後、トップチームの選手は、10人の選手及びタラゴナでプレーした選手が休日を貰い、頭を切り替えて練習に臨んだ。つまり、テア・シュテーゲン、ラキティッチ、セルヒオ、スアレス、メッシ、ネイマールJr、マスチェラーノ、ディニュ、セルジ・ロベルト、ユムティティがグラナダ戦に向けての調整練習に復帰した形となった。この日の練習は、10節から使用されることになる冬の公式球を使って行なわれた。今までのボールよりもカラフルなボールの感触を、選手は各自、練習で試すこととなった。

練習は、バルサBから、マルロン、ニリ、カルボネルの3人が加わって行なわれ、タラゴナのスーパー杯決勝でもプレーした3人は、ルイス・エンリケの指導のもと、練習を終えた。

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる