セビージャ戦に照準を合わせて

セビージャ戦に照準を合わせて

トップチームの起用可能な選手たちに加え、下部組織チーム所属のマルロン、ニリ、ムヒカ、モイセス、ボルハ、サルサネーダスがクラブ総合練習場のティト・ビラノバグランドで練習を行った。

FCバルセロナセビージャ戦に向けた2回目の練習を行った。去る水曜日のチャンピオンズリーグの対戦のあと、ロス・アスルグラナスは木曜からアンダルシア州チームとのアウェー試合に向けて準備を始めており、金曜日もその流れに沿う形になっている。選手たちにはサンチェス・ピスファンでの対戦がリーガで最も難しい試合の中の一つになるという認識がある。同時にバルサは今季このスタジアムの公式戦で唯一勝利を挙げたチームだということも承知している。

ルイス・エンリケはクラブ総合練習場ジョアン・ガンペルのティト・ビラノバグランドで起用可能なトップチーム選手を前に練習を指揮した。同じく下部組織チーム所属のマルロン、ニリ、ムヒカ、モイセス、ボルハ、サルサネーダスも参加している。トップチームは土曜11時に再び練習を行い、続いて12時30分にルイス・エンリケが試合前の会見を行う。

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる