アルダ・トゥラン「クラシコは、世界一重要なゲームだ」

アルダ・トゥラン「クラシコは、世界一重要なゲームだ」

アルダ・トゥランは、バルサ-レアルマドリード戦について話し、「試合に向けてすごく良い感触を得ている」とコメント

昨年の4月 2日、アルダ・トゥランは、FCバルセロナのユニフォームを着てクラシコを戦った初のトルコ人選手となった。アルダは、ピッチに74分にイバン・ラキティッチと交代して入った。今季、二年目をFCバルセロナで迎え、彼自身が「世界一、重要なゲーム」と表現するクラシコで、再び、プレーできるチャンスを手にしている。

クラブメディアのインタビューに応えて、トルコ人選手は、「あらゆるビッグマッチ同様に、クラシコはいつもとてもタフなゲームだ」と評し、「世界中で最も重要性のある試合だ。僕らはこの試合を楽しみたいし、ホームで勝ちたい」とつけ加えた。また、アルダは、「バルサは最高のクラブだ。僕らが自分達らしくプレーする時、止められる者は誰もいない。今回のクラシコに向けて、僕は非常に良い感触を覚えている」と明言した。

僕はクラシコで初めてゴールを決めるトルコ人選手になりたい

アルダ・トゥランは、また、レアルマドリードのユニフォームを着て、初めてクラシコを戦ったトルコ人選手、アルティントップについて聞かれると、「僕はクラシコで初めてゴールを決めるトルコ人選手になりたいね」と冗談めかして答えた。

過去のクラシコについて、「カンプノウでの5-0の試合はベルナベウでの2-6の試合にいたかったよ。あの試合はとてもスペシャルだった。チャンピオンズリーグの決勝で会えたら、最高だろうね」と話した。というのも、チャンピオンズリーグでの優勝が、バルサの7番にとって、まだ手にしたことのないものだからだ。「チャンピオンズリーグのタイトルをとること、それが僕がここにいる理由だ」とアルダはインタビューで告白している。更に詳細を知りたければ、ビデオをクリックしてお楽しみください。

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる