アルバ、ゴールを決めた12人目

アルバ、ゴールを決めた12人目

国王杯の決勝でゴールを決めてから、ずっと得点していなかった左サイドバックは、今季、初ゴールを決めた。

ジョルディ・アルバは、今週の日曜日、FCバルセロナのトップチームで得点を決めた12人目の選手となった。彼がエスパニョールを前にゴールを決めたのは、初めてだ。その他、エスパニョールのダービー戦のデータをまとめた。

  • バルサの ‘18’ 番は、国王杯で決めた5月22日以来、得点していなかった。そのゴールは、国王杯決勝でセビージャを前に 2-0となる決勝点となった。 
  • チームは、今季、全ての大会を通して 66ゴールをマークしている。その中で再得点を決めているのは、レオ・メッシの23点だ。 
  • ルイス・スアレスとレオ・メッシは、二人して、2016年のリーグ最多得点王(12)で終えた。次点は、クリスチャン・ロナウド (10)だ。
  • アンドレス・イニエスタは、最も多くボールを取り返した選手で、その数は10だった。
  • FCバルセロナは、2016年、カンプノウでのホームゲームを国王杯のエスパニョールを前にした試合でデビューし、その結果は、 4-1だったが、今回、また、同じ結果をきしくも出して、年を終えることになった。
  • エスパニョールは、リーグ戦で最近の6試合で1失点しかしていなかった。カンプノウで4失点し、そのうち、2点はわずか、2分間の間に決められたものだった。
Força Barça
Força Barça
記事を閉じる