FC バルセロナ – エルクレス CF:クリスマス前のラストマッチ

FC バルセロナ – エルクレス CF:クリスマス前のラストマッチ

ルイス・エンリケが率いるチームは、カンプノウでエルクレスを迎える。目標は、勝利を掲げて年を終え、国王杯ラウンド16への進出を決めることだ。

カンプノウで、今年、最後の試合が行なわれる寸前だ。クリスマス前に行なわれるエルクレスとの国王杯での目標は、敵地で引き分けた結果と異なる形、勝利で試合を収め、16強進出を決めることだ。

「エルクレスは難しい状況に追い込んでくるだろう」と前日記者会見で話したルイス・エンリケは、「こういった非常にディフェンシブなチームを相手にした時のプレーにおいて、バルサは多くの点で向上しなければならない」とチームの問題点を指摘した他、「ボールが回ること」「人々がスタンドに足を運んでくれること」「スピーディにボールを取り戻すためにプレスをかけること」が試合の鍵になると話した。

今回、FCバルセロナ側は、マテューが負傷から完治していないため、欠場する他、レオ・メッシルイス・スアレスネイマールJrジェラルド・ピケは、一足先に休暇を与えられたため、欠場するが、ヘルクレスのルイス・テベネット監督は、全選手をこの試合に招集し、遠征に臨んでいる。

招集リスト

試合当日の午前中、ルイス・エンリケは、試合に参戦する選手16人を発表した。記述のマチュー、メッシ、スアレス、ネイマール、ピケの他、監督判断で、テア・シュテーゲンがリストから外れた。

よって、国王杯エルクレス戦第二戦を戦うメンバーの招集リストは、下記の通り。シレッセン、マシップ、ラキティッチ、セルヒオ、デニス、アルダ、イニエスタ、ラフィーニャ、マスチェラーノ、アルカセル、アルバ、ディニュ、セルジ・ロベルト、アンドレ・ゴメス、アレイシ・ビダル、ユムティティ

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる