スアレス、2021年まで契約延長で合意

スアレス、2021年まで契約延長で合意

FCバルセロナのウルグアイ人クラックは、4年間の契約延長で合意に達した。

FC バルセロナ は、ルイス・スアレスとの契約を2021年6月30日まで延長することで合意したと正式発表した。.

移籍する場合の契約破棄金は、2億ユーロとなった。

この新契約は、12月16日(金)13時半から、クラブオフィスにて行なわれる。

116 試合97ゴール8タイトル

ルイス・スアレスは、2014年にリバプールからバルサに移籍してきた。その時以来、現在まで116試合に出場し、レオ・メッシ、ネイマールJrと共にバルサの前線の「トリデンテ」の一端を担ってきた。現在まで、このウルグアイ人クラックは、バルサと共に97ゴールを決めており、1試合における平均ゴール数は、0.83 を誇っている。

ルイス・スアレスは、昨季、国内リーグで40得点を叩き出し、リーガ及びヨーロッパにおいて、最多得点王に輝いた。その結果、キャリアで二度目のゴールデンシューも受賞した。バルサのストライカーとして過ごした最初の年は、43試合中25ゴールであり、昨シーズンは53試合中59ゴールを決めた。今季に関しては、20試合に出場し、既に13得点をマークしている。

FCバルセロナで、スアレスはあらゆるタイトルを制覇した。リーグ優勝2、国王杯2、チャンピオンズリーグ1、スペインスーパー杯1、欧州スーパー杯1、 FIFAワールドカップ1だ。また、スアレスは、2015年のチャンピオンズリーグ決勝にて、ユベントスを前にゴールを決めた他、ベルナベウでレアルマドリードを4-0で制した試合でのゴール、昨季、リーグ優勝を手にしたグラナダでのハットトリックなど、決定的なシーンでの得点を決めることにも長けている。

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる