カタールでのゴールフェスティバル (3-5)

カタールでのゴールフェスティバル (3-5)

スアレス、メッシ、ネイマールJr、アルカセル、ラフィーニャのゴールでバルサはドーハで行なわれた親善試合をゴールフェスティバルで終えた。

カタールでバルサ史上、初めて行なった親善試合、アル・アハリとのゲームは、トリデンテースアレス、メッシ、ネイマールJr—が前半にそれぞれ、ゴールを決めて、0−3で試合を終えた後、後半はパコ・アルカセル、ラフィーニャもゴールを決めたが、アル・アハリも、PK及びモハメッド・アシリのダブルゴールなどで3点を返し、最終的に3-5のスコアで試合を終え、バルサが初のドーハでの親善試合で勝利を収めた。

ルイス・エンリケは、アル・アハリを前に通常スタメンに限りなく近いメンバーを用意し、試合をスタートし、最終的にテア・シュテーゲンを除く22人全員を参戦させた。

試合は、アフガニスタンの5歳の少年、ムルタサ・アフマディくんとレオ・メッシの心温まるエピソードがあった。ビニール袋で作ったアルゼンチンの‘10番’のユニフォームを着た写真の主役のアフガニスタンの子どもが、ドーハでバルサのクラックと出会うチャンスを得たのだった。

ピッチに出る前の選手通路から、試合が始まる寸前まで、レオ・メッシから、離れたがらなかったムルタサ・アフマディくんとのヒューマンストーリーの後、試合が始まった。キックオフの笛が吹かれてから、15分たたないうちに、トリデンテがそれぞれ、ゴールを決めた。最初はスアレスがメッシのアシストから、次にメッシが、そして最後にネイマールが3点目を決めた。トリデンテは、前半30分を過ぎたところで、ベンチにひいたものの、バルサは試合をリードし、前半を0-3で終えた。

後半、アル・アハリ有利のPKが吹かれ、オマル・アブドゥルマンがパネンカスタイルでゴールを決めて1点を返した。その語、この日の朗報、パコ・アルカセルのバルサに移籍してからの初ゴールが決まった。ヘディングシュートをアルカセルが決めた2分後、ラフィーニャが追加点を突き刺した。アル・アハリも、アシリがダブルゴールを返した。

試合の最後で、ルイス・エンリケは、更に、イニエスタ、セルヒオ、ジョルディ・アルバ、そしてバルサBのアレニャ、ボルハ・ロペスを投入したが、試合終了まで後、10分という次点で、アレニャがフィジカル的な問題で、プレーを続行できなくなり、バルサは試合が終わるまで10人でプレーしなければならない状況に陥った。試合のスコアはその後、変わることなく、バルサは歴史に残るこのカタールでの最初の親善試合をゴールフェスティバルで終えたのだった。

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる