2016年のFCバルセロナ、データまとめ

2016年のFCバルセロナ、データまとめ

3冠を手にしたルイス・エンリケの率いるチームの2016年をデータで再現!

2016年 が終わりを告げる寸前だ。そこでバルサにおける今年のハイライトデータをまとめた。FCバルセロナのトップチームは、2016年を国王杯の16強進出を決め、リーグ戦では首位に勝ち点3点差と迫り、チャンピオンズリーグでは、ベスト16にグループ内首位通過で進出を決めて終えた。また、クラブレベルでは、リーグ優勝、国王杯、スペインスーパー杯と3冠を制覇した年でもあった。1年を通してのトップチームをデータで振り返ってみよう。

  • 3冠制覇 バルサは、リーグ優勝、国王杯、スペインスーパー杯を獲得。

  • 合計で、59試合を行ない、その内訳は、勝利44、ドロー 8、負け7試合だった。

  • この 59試合で、ルイス・エンリケの率いるチームは、 174得点43失点。試合ごとの平均は、 2,94ゴールとなった。

  • この174ゴール中、トリデンテが貢献した数は、120に上った。最多得点は、メッシの 51、続いてスアレスの48、ネイマールJrの21得点だ。

  • 記憶に残るゴールリサイタルも生まれた。リアソールでの 0-8がアウェーでの最多得点差のゲームであり、一方スタジアムでは、7-0の試合があった。バレンシアを前に昨季の国王杯準決勝そして、年末、国王杯でエルクレスを前に再び、7-0をホームで決めて、年を終えることとなった。

  • ルイス・エンリケは、昨季、年間を通して38人もの選手を起用した。起用した38人の選手中、 16人の選手が少なくとも1得点を決めた。

  • セルヒオ・ブスケッツは、最も多くパスを成功させた選手であり、合計3403回のパスを出し、成功させたのは3082回だった。

  • ルイス・エンリケは、バルサBから、マルロン、ニリ、カルボネル、ボルハ・ロペス、カルドナ、アレニャと合計6人の選手をデビューさせた

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる