ルイス・スアレスが契約延長にサイン

ルイス・スアレスが契約延長にサイン

ウルグアイ人クラックが今日昼、クラブ施設内でFCバルセロナとのつながりを2021年6月30日まで延長するため契約書にサインした

ルイス・スアレスが今日昼、クラブの施設でFCバルセロナとの契約を2021年6月30日までに延長するサインをした。

契約解除金は2億ユーロに設定されている。

契約サインの行事にはジョセップ・マリア・バルトメウ会長、クラブ幹部のハビエル・ボルダスオスカル・グラウCEO、プロスポーツ部門ディレクターのアルベール・ソレール、強化部のロベルト・フェルナンデスが出席した。

バルサでのプレー続行を誇りに感じるスアレス

ウルグアイ人クラックは契約サインのあとバルサTVの取材に答え「とても幸せ。クラブを含めてこうなることを望んでいたし、だからこそ大きな満足感がある」「僕の働きをクラブが認めてくれたから」とルイス・スアレスは話した。

バルサの9番は「バルサで試合をするのは特別なこと」だとし「これからもプレーを楽しみ、タイトルを取り続けたい」と言う。スアレスは「チームにある謙虚な姿勢がさらに練習へ駆り立てる。これまでについて選手は「チームで勝ち取ったタイトル」、また「ポイントやタイトルを勝ち取ることになったゴールを覚えているという」。

 

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる