レアル・ベティス– FC バルセロナ: スアレスが救った勝ち点1 (1-1)

レアル・ベティス– FC バルセロナ: スアレスが救った勝ち点1 (1-1)

ウルグアイ人アタッカーのゴールが、ベニト・ビジャマリンで勝ち点1をもたらす結果となった。

バルサは、ベニト・ビジャマリンでのベティスとの対戦で、勝ち点3をあげることができなかった。試合終了寸前に、メッシのアシストを受けたスアレスが同点弾をマークしたが、試合はスコアはそれ以上、動くことはなく、試合は1-1で終了した。

リーグ優勝を狙うバルサにとっては、痛い引き分けとなった。ベティスを前にしたリーグ戦20節、レアルベティスは、ビクトル・サンチェスがチームを率いてから、いまだにホームで負けたことがないが、その理由がどこにあるのかを改めてこの試合で証明した形となった。

とはいえ、ゴール際におけるテクノロジーが、今回の試合の話題となることだろう。少なくとも1回、もしかすると2回、バルサは、もっと早い時点で同点弾を決めていたかもしれないというシーンも見受けられた。

ハードな日程に追われていることもあり、ルイス・エンリケは、前回の試合と比べ、6人もの顔ぶれを変える形でベティスとの試合に臨んだ。

ビジャマリンで行われた試合の前半は、ネイマールJrがそのスピードを生かし、数々の危険なプレーを生み出し、また、テア・シュテーゲンがセバジョスからのシュートを一度ならず、防ぎ、チームを無失点に抑え、スコアレスドローのまま、ハーフタイムを迎えた。

ベティスの優勢

後半が始まり、ベティスの優勢は明らかだった。ベティスは緊張度の高いゲームを展開し、激しいプレスをかけ、バルサにゲームの構築を許さなかった。そういった中で、テア・シュテーゲンは再び、鉄壁となり、ベティスからの攻撃を何度となく防いだが、後半25分にとうとう、その壁も崩れた。アレックス・アレグリアがコーナーからのパスをゴールに突き刺し、ベティスに先制点をもたらした。そこからは一転して、ベティスはこの得点を守るために、守備を強め、バルサにとっては、ますます、ゲームの展開が厳しい状況となった。

スアレスの同点弾

それでも、バルサは、いつもどおり、あきらめることを知らず、全員が一丸となり、ゴールを目指した。それでも、ルベン・カストロがゴールチャンスを得て、テア・シュテーゲンと1対1になり、追加点を決める寸前という危機一発の状況もあったが、テア・シュテーゲンが再び、精彩を放ち、スコアを広げることを避けた。試合終了間際に現れたのは、ルイス・スアレスだった。現在、リーグの最多得点王のウルグアイ人アタッカーは、この日の試合でもミスすることなく、試合が終わる間際に、アダンの前にゴールを突き刺し、チームに同点をもたらした。現在、リーグ優勝争いをしている残りの2チームの成績次第で、優勝争いのチーム同士の点差にどう響くかは、変わってくるが、バルサは少なくとも、勝ち点を全て落とすことは免れて、セビージャを発つことになった。

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる