メッシ、アルゼンチンと決死の16強進出

メッシ、アルゼンチンと決死の16強進出

メッシは、アルゼンチン代表と共にナイジェリアを下し、決死の16強進出を果たした。また、バルサでチームメートのラキティッチは、同グループでクロアチアと共に首位通過を決めた。

一次リーグD組のナイジェリアーアルゼンチン戦は、アルゼンチンにとって、決戦となった。グループリーグ突破するためには、勝利しか許されず、また、既に通過を決めているクロアチアの対戦相手、アイスランドが勝利しないという条件を満たす必要があった。

アルゼンチンは、メッシの見事なゴールで先制点をマークしたものの、後半に入ってすぐにPKにより、ナイジェリアが引き分けたため、前回、準優勝したアルゼンチンは、進出を阻まれる寸前だったが、後半41分、ロホが勝ち越し弾を決め、16強進出が叶うことになった。

次の試合で、メッシは、アルゼンチンと共に、バルサのチームメート、サミュエル・ユムティティ、ウスマン・デンベレのいるフランス代表と対戦する。一方、ラキティッチのクロアチアは、デンマークと対戦する。

レオ・メッシ

「僕らは、この試合で勝つだろうと信じていた。こういった形で勝てたのは、素晴らしい」

「神様は僕らと共にいて、(この時点で)外に追い出されることはないとわかっていた」

「ここにいる全ての人たち、そしてアルゼンチンで常に僕らと共にいてくれる全ての人々にその犠牲を感謝する。代表ユニフォームは、その全ての上にあるのだ」

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる