カルデロンを見据えてリハビリ練習

カルデロンを見据えてリハビリ練習

トップチームの選手は、来るべきアトレティコ・で・マドリードとの遠征に向けて練習を行い、バルサBから、ニリ、カプトウム、アレニャ、ムヒカが加わった。

FCバルセロナ は、週中に試合のない週を迎える。もう2ヶ月以上もその状況はなかった。バルサは、要求度の高いスケジュールをずっとこなしてきた。1月から2月まで、ほぼ、3日ごとに試合を行ってきた。今週の日曜日にカンプノウでレガネスを前に辛勝をあげた後、バルサは月曜日に再び、ティト・ビラノバグラウンドに戻って、練習を行なった。

ルイス・エンリケの率いたトレーニングセッションでは、試合に出場した選手は、リハビリトレーニングを行ない、また、バルサBからは、ニリ、カプトウム、アレニャ、ムヒカが加わって行われた。次の日曜日には、アトレティコ・デ・マドリードとの対戦がある。2週間前の国王杯準決勝では、バルサはカルデロンで  1-2と試合を制している。

バルサが国王杯決勝に進出することになった重要な試合だったが、今回はリーグ戦だ。常にカルデロンでの試合は、要求度の高いものとなる。この後、二日間の休暇を得てから、木曜日に再び、チームは練習に戻ることになる。今日の練習の様子は、ビデオからチェックできる。

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる