ネイマールJr: “PSGを前に死に物狂いで戦った後、どうなるかわかるだろう”

ネイマールJr: “PSGを前に死に物狂いで戦った後、どうなるかわかるだろう”

バルサのブラジル人クラックは、セルタ戦でチームに大きく貢献した後、満足感を表明し、次戦のチャンピオンズリーグに向けてのやる気を示した。

FCバルセロナのネイマールJrが、セルタ戦を制した試合(5-0)終了後に話した内容、その他、チームメートがミックスゾーンで話した内容は、下記の通り。

ネイマールJr

「僕らは勝利とプレー内容についてとても満足している。この結果は士気をあげてくれる。水曜日に僕らは素晴らしい試合を行なうだろう。PSGを前に僕らは走り、死に物狂いで戦い、その結果、どうなるかは後からわかることだろう」

「僕らのやる気が前へと押すし、自信が前向きになっているのは、大事だ。僕らはピッチに立ち、幸せを感じるためにプレーする。それがバルサの哲学だ」

「僕自身は、バルサに来てから個人レベルで最高のシーズンを迎えている。僕もチームも向上し続けていくことが大切だ」

「ルイス・エンリケが続行しないのは悲しい。彼は僕らにとても好かれている人だから。3年間を一緒に過ごし、僕らの彼の監督としての信頼はとても大きい。人生に最高の幸運があることを願っている。彼は自分にとって最適なのが何かをわかっているのだろうから。この数年、僕らを助け、多くのタイトルをもたらしてくれたことに僕らはとても満足しているよ」

イバン・ラキティッチ:

「僕らは、インテンシティを持っていつも、タフに向かってくるチームと対戦した。簡単な試合ではなかったが、僕らは解決策を見出すことができ、難敵を倒すことができた」. 

「僕らは常に監督を信頼してきたし、彼の決断後も何も変わっていない。監督とクラブの周りにも落ち着きがあるといいかもしれないが、僕らに関して言えば、常に監督を信頼してきたし、それは今でも同じだ」

「PSGとはどうなるか、わからないが、僕らはサポーターに感謝している。僕らができるのは、最初の1分から最後まで全力を尽くすということだけだ。奇跡が起こるといいと思っている」

サミュエル・ユムティティ:

「最初のゴールを決めることができてとても満足している」

「PSGを前にした時の数学はとても難しいが、僕らはその夜、必死でたたかわなければならない」

「3-4-3はとてもうまく機能した。ディフェンスはちょっと変わるが、それはチームにとってポジティブなものだった」  

「ルイス・エンリケの決断には敬意を示さなければならない。悲しいが、その決断を尊重する。僕がこのチームの一員なのは彼のおかげでもあるのだから、感謝している」

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる