エドガー・ダーヴィッツ「バルサがPSGを前に逆転進出を決めることを願っている」

エドガー・ダーヴィッツ「バルサがPSGを前に逆転進出を決めることを願っている」

元バルサの選手は、バルサがチームとしてのスタイルに忠実であるよう、願っているとコメント

クラブメディアを前に、元バルサの選手、エドガー・ダーヴィッツは、チャンピオンズリーグの16強第二戦PSGとの試合について、分析を行った。「こういったことは起きる。なぜなら、誰もがみんな人間だし、どんなチームにも、波があるからだ」と話したダーヴィッツは、「逆転して、シーズンの最後に祝うことができるよう、試合に集中することを期待している」と話した。ダーヴィッツは、2003/04年にバルサにやってきた。「バルサは自身のスタイルに忠実でなければならないし、それをキープするべきだ。なぜなら、それを知ることで早く回復することが可能になるからだ」と話し、「それこそがバルサだ」と付け加えた。

2013年に選手として引退してから、現在、イギリスのフットボールリーグ2のバーネットFCを率いているダーヴィッツは、ルイス・エンリケの決断について、「とても個人的な決断だが、監督はいつ、去るべきで、いつ、残るべきなのか知らなければならない。正しい決断を下したことを願う」とコメントした。また、その結果、「かなり、大きな空洞を残すことになるだろう。なぜなら、このような責任を負いたがる監督は多くはいないからだ」との意見を述べた。クラブが次の監督を決断することについては、「私がバルサについて最も好きなことの一つは、ホーム育ちの者にチャンスを与えることだ」と話し、「今日、クラブは常に外に求めるが、バルサはホームの監督を探そうとしている。それは非常に良い決断だと思う」との考えを述べた。

 

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる