ルイス・エンリケ「選手たちの経験を信頼している」

ルイス・エンリケ「選手たちの経験を信頼している」

「すべてがこれから決まるという意識が我々にはある。チャンピオンズには8チームが、リーガでは3チームが、国王杯では2チームがタイトルへ向かい戦っている」

チャンピオンズリーグ歴史的な逆転劇を見せたあと、ロス・アスルグラナスは改めてリーガの戦いに戻る。なぜならリーガ首位に立ったバルサはその座を守らなければならないのだから。ルイス・エンリケは改めて国内リーグに集中するためにも選手たちへの信頼感を示すとともに、大逆転劇を一旦忘れるとしている。「多くのものを賭けて戦っているのを分かっている選手たちの経験を信頼している」「すべてがこれから決まるという意識が我々にはある。チャンピオンズには8チームが、リーガでは3チームが、国王杯では2チームがタイトルへ向かい戦っている」

バルサはリーガ27節の対戦でリアソールに乗り込み、デポルと対戦する。相手チームは監督交替を行い、現在チーム指揮をしているのはペペ・メル。ここまで1勝2分けで来ており、好調の兆しを見せている。「変更点があり、また3試合で勝ち点5を取っているだけに危険な相手。デポルのチーム全体を注意している」

ルイス・エンリケは同時にラキティッチの契約延長についても言及、「とても良い知らせ。チームにとって重要な選手だから」とその理由を語った。監督は特にPSG戦でのネイマールJrの活躍ぶりを讃えている。「ネイマールJrが非常にポジティブな成長をしていて、世界最高の選手の一人だということは明らかだ」。

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる