ハビエル・マスチェラーノ: 「最後まで戦うのは義務だ」

ハビエル・マスチェラーノ: 「最後まで戦うのは義務だ」

マラガ戦で勝ち点を落とした後(2-0)、試合についてマスチェラーノ、アンドレス・イニエスタが話した内容は、下記から。ルイス・エンリケの記者会見も合わせてチェック!

ハビエル・マスチェラーノ

・まだ、クラシコがあるだけではない。マドリードが勝ち点を落とすかどうかにもかかっているからだ。最後まで戦うのは義務だ。どこに勝ち点を落とすライバルがいるかは、決してわからないものだ。

・僕らがコントロールしていた試合だった。今回も前半、ゴールマウスを攻めたが、相手にゴールを決めらえrてしまった。あれだけディフェンシブなチームを前に攻撃するのは難しい。最後の試合で(それからあまり時間がたっていないために)、ボールを動かすためのフレッシュさに欠けたのかもしれない。

・僕らは引き分けるためのチャンスを手にしたが、彼らがカウンターで痛めつけようとしていたのは明白だったし、そのようにされてしまった。

アンドレス・イニエスタ

・一歩後退かどうかはわからないが、チャンスを失ったのはそうだ。今からは頭を切り替えて、チャンピオンズリーグについて考えなければならない。僕らがしなければならないのは、最高の試合をしに行くことだ。

・僕らはあらゆる大会で競うためのメンバーがいる。今日は物事がうまくいかなかった。

・毎回、試合は減っていく。終わりが近づくにつれて、ミスはより高くつくこおになる。僕らがしなければならないのは、最大限、できるところまで近づくことだ。直接対決は間近だ。どうなるかはその時になればわかるだろう。

ルイス・エンリケ

・私たちは、あらゆる方法を試した。残念だ。私たちは勝つにふさわしかったし、この勝ち点を必要としていた

・結果は、全くもって、不公平だ

・選手の戦う姿勢と頑張りはとても気に入った

・この試合が難しいことはわかっていたが、前半、私たちは先制する明白なチャンスを手にしていた

・まだ、リーグ戦は、たくさん残っている

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる