ルイス・スアレス「僕らには、まだ、リーグ優勝の望みが十分にある」

ルイス・スアレス「僕らには、まだ、リーグ優勝の望みが十分にある」

「チームはまだ可能性があると信じている」とスアレスは断言 ルイス・エンリケは、前半、彼のパフォーマンスのおかげでスアレスサイドのプレーが良かったと発言

FCバルセロナは、セビージャを前に 3-0で快勝した後、リーグ優勝の可能性に楽観的だ。ルイス・スアレスは、首位のレアルマドリードを超えて、まだ、リーグ優勝の望みが十分にあると断言した。その他、試合後に主役が話したコメントは、下記の通り。

ルイス・スアレス

・僕らには、まだ、リーグ優勝の望みが十分にある

・残っているゲームは、全部、勝たなければならないというメンタリティでいなければならない

・あれ(オーバーヘッド)は、ストライカーがエリアの中で使う方法の一つだし、今回は、あそこ(ゴール)にボールが止まったんだ

イバン・ラキティッチ

・正直、チームレベルで僕らは非常に楽しんで試合をしている

・僕らはほとんど試合を支配していた。次の瞬間に何をしなければならないのかわかっていた。

・僕らと戦うのは、難しいが、ここからは多くの試合が来る。このまま、やっていかなければならない

カルラス・アレニャ

・カンプノウは、小さい時から応援にきて、勝利を楽しんだ場所だ。デビューする夢が叶ってとても幸せだ

・再び、彼ら(トップチームの選手)とプレーできて、こんなに嬉しいことはない。また、勝ち点3にもとても満足している

ルイス・エンリケ

・とても満足している。この勝利がポジティブなのは、ライバルが偉大なのと試合を私たちがうまくマネージングできたからだ。

・私たちは今季最高の前半戦だったかもしれない

・スアレスは、いつも、どこにゴールマウスがあるか知っており、それにポテンシャルのあるフィジカルを加え、素晴らしいキャパシティがあり、それにとゴール能力がある。それが彼を世界一のセンターフォワードに仕立てている

 

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる