FIFA 、メッシへの処分を撤回

FIFA 、メッシへの処分を撤回

メッシはアルゼンチン代表で4試合の欠場処分を受けたが、FIFAはその処分を撤回し、メッシはウルグアイ、ベネズエラ、ペルー戦に出場できることになった。

レオ・メッシは、アルゼンチン代表と共に国際大会に出場できることになった。FIFAは、3月24日に行われた2018年ロシアW杯予選であるチリとの試合に出場し、4試合の出場停止処分を受けたメッシの処分を取り消すと、その決定を撤回したことを発表した。

バルサのアタッカーは、ボリビアで数日前に行われ、アルゼンチン代表が2-0で黒星を喫した試合を招集外で過ごした後、鍵になるウルグアイとの試合(8月30日)、ベネズエラ戦 (9月5日)、ペルー戦 (10月5日)も欠場する予定だったが、今回、決定が覆されたために、2018年ロシア予選の試合で再び、アルゼンチンの代表ユニフォームをまとってプレーできることとなった。.

この世界的なサッカー機関が最初に過去にバロンドールを4回受賞したことのある選手の処分を発表した際、FCバルセロナは、今回の処分が「不公平かつ全くもって不当」だとの見解を表明していた。

Força Barça
Força Barça

関連 関連コンテンツ

記事を閉じる

関連 関連コンテンツ