FCバルセロナ、テア・シュテーゲンと 2022年まで契約更新

FCバルセロナ、テア・シュテーゲンと 2022年まで契約更新

ドイツ人キーパーの契約破棄金は、 1億8千万ユーロに設定し直された

FC バルセロナは、テア・シュテーゲンとの契約を2022年6月30日まで延長することで語彙に達した。契約破棄金は、1億8千万ユーロに設定し直された。契約更新のサインは、5月30日13時半から、クラブオフィスで行われる。

3シーズンに9タイトル 

 テア・シュテーゲンは、クラブに2014年の夏にやってきた。ドイツ人キーパーは、バルサでの3年間で9タイトルを手にした。テア・シュテーゲンのゴールでの活躍は、タイトル制覇の鍵の一つとなった。バルサに移籍して来てから、バルサは、リーガ2、国王杯 3、チャンピオンズリーグ 1、クラブW杯1、スペインスーパー杯 1、欧州スーパー杯1を手にしている。 

ドイツ人キーパーは、ルイス・エンリケの指揮下、文句無しの固定スタメンとなり、多くのキーパーの中でも、もっとも失点の少ないキーパーの一人として、ゴールを守っている。テア・シュテーゲンは、世界レベルでその実力を認められており、バルサでは、93回、公式戦でゴールを守り、その内訳は、71勝10分12敗、失点数は90だ。

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる