カルデロンで制覇した29回目の国王杯優勝

カルデロンで制覇した29回目の国王杯優勝

バルサは、歴史的な国王杯3連覇を達成し、クラブ史上、29回目の国王杯を獲得した

FCバルセロナは、29 回目の国王杯を手にした。ビセンテ・カルデロンスタジアムアラベスを前に制覇(3-1)した国王杯の決勝では、バルサは、歴史的な三連覇を果たした。この記録は、実に半世紀以上前から、達成されていなく、バルサが1951、1952、1953 年に三連覇して以来のことだ。レアルソシエダ、バレンシア、アスレティック・クラブを倒して制したが、そのアスレティック・クラブは、バルサについで二番目に国王杯を多く獲得しているチーム(23)だ。

監督のルイス・エンリケは、その任務をビセンテ・カルデロンにて、新タイトルを手に、終えることとなった。カルデロンは、バルサが国王杯を4回持ち上げるのを見た証人となった。また、バルサはこのタイトルで、今期は、セビージャを前に手にしたスペインスーパー杯と共に二冠を得て、シーズンを終えた。

マドリードで制覇した15回目の国王杯

この決勝は、FCバルセロナがマドリードで戦った21回目の決勝であり、その内訳は、15勝6敗だ。そのうち、6回は土曜日に行われた試合で勝っている。また、最近、マドリードにて5回連続で—1988, 1997, 2012, 2016,  2017に渡り、国王杯優勝を決めている。 

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる