テア・シュテーゲン、 FCバルセロナと契約延長サイン

テア・シュテーゲン、 FCバルセロナと契約延長サイン

ドイツ人GKは、ジョセップ・マリア・バルトメウに付き添われ、クラブと2022年まで、契約延長のサインを行なった

マルク・アンドレ-テア・シュテーゲン は、火曜日にクラブイフィスにて、2022年までFCバルセロナと契約する旨の延長について合意し、サインを行なった。

2016/17年、国王杯のタイトル制覇で終えた後、バルサのドイツ人キーパーは、カンプノウオフィスに足を伸ばし、ジョセップ・マリア・バルトメウ会長と共に、バルサのユニフォームを着てゴールを守り続けることを誓った。この契約延長で、契約終了後には、テア・シュテーゲンは、トップチームに8年間、在籍する形になる。ここまでに、93試合に参戦しーそのうち、失点は90ー 2014/15年から、ルイス・エンリケの指揮下でバルサの成功の鍵の一つとなったテア・シュテーゲンは、ここまでで、バルサと共に数々のタイトルを手にしてきた。その内訳は、下記の通り:リーガ2、 国王杯3 、チャンピオンズリーグ 1、クラブW杯 1、スペインスーパー杯1、欧州スーパー杯 1 

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる