1991年、最初のクラシコ親善試合

1991年、最初のクラシコ親善試合

今季のプレシーズンでは、クラシコの親善試合が行われるが、初めて両者が親善試合として戦ったのは、今から26年前であり、カンプノウでの試合は1-1のドローに終わった

31、 これは、FCバルセロナとレアルマドリードが歴史を通して、親善試合を過去に行った回数だ。その数字が31から32になろうとしている。今年、プレシーズンで7月29日にバルサとレアルマドリードがフロリダのマイアミ、ハードロックスタジアムにて、対戦する予定だからだ。

クラシコの親善試合は、実に1991年9月以来のことだ。その際は、カンプノウで試合が行われ、1-1のドローに終わった。それ以来、ほぼ26年ぶりの親善試合となる。

ここまでの対戦成績は、バルサに有利なものであり、バルサの18勝 9 分4敗、 78得点39失点。これらの31試合には、公式タイトルはかかっていず、 22試合の親善試合-カンプノウでの14試合、ベルナベウでの8試合- が 1906 から 1943にかけて行われたもので、クラブチャンピオントーナメント (Torneo de Clubes Campeones1928)や歴史的トーナメント (Torneo de Históricos 1948)、カランサ( Carranza 1969) 、ベネズエラ共和国大統領杯 (la copa del Presidente de la República de Venezuela1982).などを通して対戦してきている。

マイアミ、ほぼ未踏の地

FCバルセロナが夏のツアーを行なうアメリカ合衆国の地に足を踏み入れるのは、当然、初めてではない。歴史を通して、アメリカでは26回もの親善試合を行っている。最初の親善試合は、ニューヨークであり、1937年にまでさかのぼる。逆に最後に行われたのは、, en Nueva York, mientras que el último se jugó en verano de 2015年のワシントンであり、チェルシーとの対戦だった。ルイス・エンリケが率いていたトップチームは、インターナショナルチャンピオンズカップに参戦したのだった。

だが、その26回の中で マイアミでのプレーは、たった一回だ。今回、クラシコが行われるマイアミでは、2011年8月にリバス・グアダラハラを前に、フロリダのサンライフスタジアムでプレーしたが、あまり、良い思い出とはいえない。試合は4-1で黒星を喫することになったからだ。今回、FCバルセロナは、その統計データをより、ふさわしいものにするリベンジのチャンスを手にしている。

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる