7月12日からバルベルデ体制がスタート

7月12日からバルベルデ体制がスタート

チーム・アスルグラナは7月19日に米国へ移動、ユベントス、マンチェスター・ユナイテッド、レアル・マドリードとの3つの親善試合を行う

エルネスト・バルベルデ新監督の下でトップチームが7月12日から始動することになった。この日、6月に代表チームでの試合がない選手たちが第一陣としてクラブ総合練習場ジョアン・ガンペルに集合する。二日後に代表選手が合流。いずれも初日はフィジカル・メディカルチェックのあとピッチでの練習を行う。

なお第1週、チームは午前・午後の2部練習をこなすことになっている。

米国で3つの親善試合

チームは7月19日、ニューヨークへ向けて移動、米国遠征は同29日まで続く。10日間の滞在でFCバルセロナは3つの親善試合をこなす。22日にニュージャージーでユベントス戦、26日ワシントンでマンチェスター・ユナイテッド戦、29日マイアミでレアル・マドリード戦となっている。いずれもインターナショナル・チャンピオンズ・カップでの対戦で、今回で3年連続の参加になる。

コンフェデレーションズカップとU21欧州選手権に参加する選手たちは米国遠征後の翌週からチームに参加する予定。

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる