バルサスクール福岡校、ティト・ビラノバ杯で競合力のあるスタイルを輸出

バルサスクール福岡校、ティト・ビラノバ杯で競合力のあるスタイルを輸出

FCBスクール福岡校のU-8 カテゴリーは、大会でチャンピオンとなり、U-10はサブチャンピオンとなった

FCBスクール福岡校によって行われたティト・ビラノバ杯は、日本での競合力のあるモデル作りを目指し始めた。この大会は、FCバルセロナサッカースクールの施設にて、U-8、U-10カテゴリーの子供達から成る23組みが参加し、日本の通常の規則とは異なるやり方で、開催された。その結果、FCBスクールのU-8カテゴリーは優勝し、U-10カテゴリーは準優勝を果たした。

福岡のプロジェクトディレクター、オスカル・コカは、この大会は「日本のスポーツ選手たちが、カタルーニャの規則に従ってプレーする通常とな異なる経験をできることを目的としている」と話す。この大会は、日本でよくあるように8人制ではなく、7人制で行われ、また、日本ではセンターラインから適用されるオフサイドについても、カタルーニャで行われているように、エリアに近いゾーンから、というように変えられて行われた。 

U-8大会 (7 チーム):
vs Naka 3-0
vs Soleil 2-1
vs FCCF 2-0
決勝 vs Street 5-2

U-10大会 (16 チーム):
vs Ori 6-0
vs Street 4-0
vs Elitu-9 2-0
決勝 vs Itazuke 2-3

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる