メッシの30ゴール目のFK詳細

メッシの30ゴール目のFK詳細

アルゼンチン人クラックは、FCバルセロナとアルゼンチン代表で合わせて36回のFKを決めており、この10年間、最低でも1得点は、毎年、FKから決め続けている。

レオ・メッシは、日々、世界に置けるナンバーワンであることを証明し続けている。バルサの「10番」は、ゴールを決めるだけでなく、アシストも送り、その素晴らしい記録を海続けている。現時点で、メッシはバルサと共に534ゴールを決めているが、更にそのうちの30ゴールをフリーキックから決めたのだ。アルゼンチン代表では、6ゴールをフリーキックからマークしている。

バルサがアラベスを前に決めた2得点目、先制された後の逆転、試合の勝利弾となったこのゴールは、メッシが再び、フリーキックから決めて記念すべきバルサでのFK30ゴール目となった。このゴールで1月を締めくくることになったメッシは、1月だけで8ゴールをあげている

毎年、決めているフリーキックを最初にメッシが決めたのは、 2008年のことであり、クラブW杯での出来事だった。今まで決めたFKの大会別の内訳は、 クラブW杯を除き、 リーガ (21)、国王杯 (4)、チャンピオンズリーグ (3)、スペイン国王杯 (1) 、ヨーロッパスーパー杯 (1)

メッシがもっとも、「お気に入り」の犠牲者は、アスレティッククラブであり、ビルバオのチームは、30回のフリーキックのうち、5回を決められており、その気の毒なキーパーは、常にゴルカ・イライソ

4得点決められているのが、ベトとセルヒオ・アルバレスで、セビージャがビルバオの次のお気に入りであり、3位がエスパニョール。3得点決めたゴールは、クリスチャン・アルバレスとパウ・ロペスが二回、犠牲になっている。

アルゼンチン代表でも

レオ・メッシは、アルゼンチン代表でも、6回、フリーキックを決めている。同じキーパーを相手に二度、決めたことはなく、常に公式戦での試合でFKからのゴールをマークしている。その内訳は、  2014年W杯のナイジェリア戦、コパ・アメリカで、パナマとEUAを前に2得点、ロシアW杯予選で、パラグアイ、ウルグアイ、コロンビアを相手に決めた3得点だ。 

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる