AS ローマ – FC バルセロナ: アディオス、チャンピオンズ (3-0)

AS ローマ – FC バルセロナ: アディオス、チャンピオンズ (3-0)

ジェコ、デ・ロッシ、マノラスのゴールが、バルベルデの率いるチームの欧州大会優勝制覇の期待を砕いた。

FCバルセロナは、ローマの壁を越えることができず、チャンピオンズリーグに別れを告げた。エルネスト・バルベルデの率いるチームにとって、良い日ではなく、ローマのオリンピックスタジアムで、イタリアのチームのプレスとジェコ、デ・ロッシ、マノラスのゴールによって、もたらされた3-0のスコアで散った。第一レグの4-1の結果は、十分ではなかった。

この結果は、早い段階で、ローマにスコアが傾く得点が決まったところから、始まった。バルサのスタートは良く、プレースペースもあった。しかし、前半6分にジェコが決めたゴールがスコアを早くも1-0にした。

そこから、ディ・フランチェスコ監督の率いるチームの方が優勢になり、より、多くのチャンスを、とりわけ、空中プレーを通して手にした。ジェコとシックが中心となり、危険を生み出す選手となったが、それが表面化したのは、ハーフタイムをすぎてイタリアのチームが2-0(後半12分)にした時だった。そこから、ホームチームは、更に勢いを増した。テア・シュテーゲンは、二回ほど、バルサを支え、セーブを見せたものの、最中的にコーナーからのボールをヘディングで押し込んだマノラスのゴールは避けられず、試合は、3-0になった (後半38分) バルサは、最後まで全力を尽くしたが -アリソンがゴールを離れて前に出た時、デンベレが遠い位置から、もっとも明白なシュートチャンスを得た (92分)- スコアは、そこから変わることがなかった。バルサは、チャンピオンズに別れを告げることになった。

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる