カンプノウでのチャンピオンのセレブレーション

カンプノウでのチャンピオンのセレブレーション

バルサの選手、スタッフ、サポーターは、全員揃って、クラシコの後にカンプノウで二冠を祝うセレブレーションを行なった。

3週間連続で、FCバルセロナは試合後、チャンピオンにふさわしいセレブレーションを行なった。クラシコを終え、ホイッスルが鳴った後、トップチームはセンターサークルに集まりーワンダ・メトロポリタノスタジアムで国王杯制覇の後、そしてリアソールでリーガ優勝を決めた後、行なったのと同じようにークラブ史上、8回目の二冠をホームでサポーターと共に祝った。

選手がセンターサークルで輪になった時、時計の針は、正確に22時47分をさしていた。 カンプノウで、全員が飛び跳ね、歌を歌い、チャンピオンとしての歓喜にあふれた。イニエスタは、裸足でピッチを踏みしめた。チームは、無敗でリーグを終えるまで、後、3試合と迫っている。

カンプノウを選手が一周し、クラブソングが流れ、足りないのは、フィナーレだけだった。その時、ジェラルド・ピケがマイクを手にした。「僕らは、リーガチャンピオンだが、誰も花道を作ってくれなかったので、スタッフに花道を作ってもらうようお願いします。そしたら、僕らは(そこを通って)ロッカーに行きます」そのようにして、チャンピオンのセレブレーションは、終わった。その様子をこのビデオでお楽しみください!

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる