ロシアW杯開幕まで後100日

ロシアW杯開幕まで後100日

W杯まで後、3ヶ月となった。バルサの選手がそれぞれの代表で、果たす役割とは?

FCバルセロナの選手たちは、リーガが終わっても、忙しい夏を過ごすことになる。 2018年には、ロシアW杯が待ち受けているからだ。W杯まで、約100日間と迫った現在のバルサのプレーヤーが所属するそれぞれのグループでの状況をチェックする。

グループA: ウルグアイ

ウルグアイは、南米グループで2位だ。現在、バルサのストライカーであるルイス・スアレスを攻撃の軸とし、ホストのロシアと対戦する。グループAには、他にエジプトとサウジアラビアがいる。

グループ B: スペインとポルトガル

スペインは、グループ首位で10試合中9試合で勝利をあげている。どうグループには、モロッコとイラン、ユーロのチャンピオン、ポルトガルがいる。スペイン代表では、アンドレス・イニエスタ、ジェラルド・ピケ、ジョルディ・アルバ、セルヒオ・ブスケッツ、セルジ・ロベルトなど、バルサの選手が数多くプレーしている。

ポルトガル代表では、セメド、アンドレ・ゴメスが通常、招集され、スタメンでプレーしている。

グループ C: フランス

フランスは、スエーデンやオランダといった強敵を死のグループで制し、W杯にやってきた。フランス代表には、バルサから、ウスマン・デンベレ、リュカス・ディニュ、サミュエル・ユムティティが通常、招集されている。このグループは、オーストリア、デンマーク、ペルーから成っている。

グループ E: ブラジル

パウリーニョとコウチーニョは、ブラジルにとって、大事な選手であり、ブラジルは、最も早くロシア行きを決めた。

グループ F: ドイツ

バルサの守護神、テア・シュテーゲンが、ロシアにおけるドイツのゴールキーパーだ。このグループには、メキシコ、スエーデン、韓国がいる。

グループ G: ベルギー

トマス・フェルメーレンのベルギーは、9勝無敗で堂々とW杯進出を決めた。同グループに、イギリス、チュニジア、パナマがいる。

グループ H: コロンビア

南米で4位と滑り込みで、2018年ロシアW杯のチケットを手にしたコロンビアには、今年、バルサに移籍してきたジェリー・ミナがいる。同グループは日本、ポーランド、セネガルから成っている。

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる