FCバルセロナのワールドカップ :忘れられないメッシのデビュー

FCバルセロナのワールドカップ :忘れられないメッシのデビュー

メッシは、ワールドカップに18歳でデビューし、セルビア・モンテネグロ戦でゴールを決めて、6-0の勝利を手にした。

主役

リオネル・メッシ(1987年ロサリオ生まれ)

ワールドカップ

2006年ドイツワールドカップ

歴史

若干18歳で、プロとしてたった2年しか迎えていない状態で、アルゼンチン人選手は、当時、代表監督だったホセ・ペケルマンの選手招集リストに入り、ワールドカップでデビューした最年少のアルゼンチン人選手となった。メッシは、当時、既にFCバルセロナのトップチームで居場所を作り、国際サッカー界で大きな期待を受けている選手になっていた。 アルゼンチン代表がデビューしたコートジボワール戦では、ピッチに立たなかった。

2006年6月16日、19 歳の誕生日を迎えるまで後、8日という時にメッシが切望していた瞬間、 ワールドカップデビューの時は、訪れた。アルゼンチンはセルビア・モンテネグロを前に、3-0とリードしており、後半30分、ボールが外に出たその時、若きアルゼンチンの天才は、デビューを果たすべく、芝に飛び出したのだった。サッカーファンは、そのデビューを決して忘れることがないだろう。バルサの'10'番が、最初のアシストを決めるのに必要とした時間は、たったの180 秒だった。そして、最初の得点を決めるのに必要としたのは、15分のみだった。試合は6-0とアルゼンチンの大勝に尾張、バルサのクラックの夢は叶ったのだった。

たった15分間、サポーターに見せたショウは、次の試合でスタメンを勝ち取るのに十分だった。アルゼンチンは、開催国の代表とのPK戦に敗れ、ベスト8で敗退することになったが、その試合で、ペケルマンはメッシを招集リストから外したため、その決定は、後にサポーターから大きな非難を浴びることになった。 

その後、起きたこととは?

その若さにも関わらず、メッシが、バルサのトップチームのスター選手の一人になるまで、時間はかからなかった。メッシは、彼の手にするサッカーで世界を魅了し続け、世界一の選手と呼ばれるまでになった。今日現在、レオ・メッシは、クラブ史上最高の選手であり、カンプノウを訪れるサポーターの目をの楽しませている。 イニエスタと共にメッシは、バルサのユニフォームを着て最多タイトル(32)を手にしている選手であり、チームタイトルの他に数々の個人賞を受賞しており、中でも、5回のバロンドール、5回のゴールデンシューなどを獲得していることは、特筆に値する。

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる