‘10’ 番から ‘10’番へ: メッシのマラドーナへの追悼

‘10’ 番から ‘10’番へ: メッシのマラドーナへの追悼

メッシは、オサスナ戦でのゴールをメッシがアルゼンチンにいた時に在籍していたニューウェールズオールドボーイズのユニフォームを示して、マラドーナへ捧げた

ディエゴ・アルマンド・マラドーナ逝去のニュースを数日前に受けた後、全ての視線は、バルサの10番、レオ・メッシに集まっていた。バルサのキャプテンにとっても、特別な思い入れがあることは、この日、オサスナ戦でゴールを決めた瞬間に明かされた。バルサのユニフォームの下に身につけていたのはニューウェールズオールドボーイズのビンテージのユニフォームだった。

どこにでもあるユニフォームではない。それは、 1993/94年、ディエゴ・アルマンド・マラドーナが身につけていたものであり、ニューウェールズオールドボーイズは、1999年にメッシがバルサに移籍する前に最初の一歩を歩み出したチームだった。

ディエゴ・アルマンド・マラドーナは、1992/93年にセビージャに在籍した後、1年だけ、ニューウェールズオールドボーイズに所属したことがあることを忘れてはならない。それは、マラドーナが最後にボカジュニオルズでプレーすることになる前にプレーしたチームだった。

 

マラドーナのプレーを見たメッシ

当時、まだ非常に若かったレオ・メッシだが、ディエゴ・アルマンド・マラドーナのニューウェールズオールドボーイズのヒュにフォームを身につけたデビュー戦を見ていた。それは、 1993年10月7日、エメレック戦であり・・・その日、マラドーナはゴールを決めた。その日は、マラドーナにとっても、そして、今日、ふさわしい形でディエゴに追悼したメッシにとっても、特別な日となった。10番から10番へ。一つの伝説が生まれた日だった。

Força Barça
Força Barça

関連 関連コンテンツ

記事を閉じる

関連 関連コンテンツ