セルジーニョ・デストについて知っておくべき10のこと

セルジーニョ・デストについて知っておくべき10のこと

アヤックスでその年の才能ある選手に選ばれたバルサの新サイドバックは、チームで3番目に若い選手となる

セルジーニョ・デスト は、ロナルド・クーマンの率いるチームの右サイドバックをつとめることになる。この新加入選手について、10のデータを知っておこう。

1) 2000年11月3日生まれの セルジーニョ・デスト は、バルサの選手の中で、3番目に若い選手となる。デストより若いのは、ペドリとアンス・ファティ(2002年生まれ)のみだ。

mini_dest-3200x2000_ang
セルジーニョ・デスト加入に関する全て
バルサの新加入選手についてチェック!

2) デストは、アムステルダムから30キロほど離れたアルメレに生まれた。同じ出身地にフランク・ライハールト、元サッカー選手のヘドヴィデス・マドゥロ、テニスプレーヤーのミハエラ・クラエチェクなどがいる。

3) セルジーニョ・デストは、2019年7月27日に、ヨハン・クライフシールド(オランダスーパー杯)で、PSVとの対戦でアヤックスと共に公式デビューを果たした。

4) プロサッカーでの1年間で、デストは、スペインリーグの対戦相手2チームと対戦している。チャンピオンズリーグのグループリーグであり、二回とも、バレンシアと当たっている。そこで敗退した後、ヨーロッパリーグで、ヘタフェと対戦している。

5) セルジーニョ・デストは、プロとして過ごした初年、2ゴールをマークした。同日に決めたそのゴールは、2019年12月18日、国王杯でテルスター(3-4)との対戦で決めた。

6) 昨年の5月、 アヤックスは、セルジーニョ・デストをその右サイドバックの優秀なパフォーマンスから、その年の才能賞に選んだ。

数ヶ月前にアヤックスで、その年の才能賞を受け取ったデスト
Sergiño Dest.

7) セルジーニョ・デストは、決してバルサへの嗜好を隠すことはなかった。デストは、クリスチャン・ロナウドよりも、メッシを好むと認め、好みの右サイドバックにダニ・アウベスの名前をあげ、ピッチで一緒にプレーしたかった選手にロナウジーニョをあげている。

8) デストは、バルサでトップチームに所属するクラブ史上初めてのアメリカ人選手となる。バルサBのコンラッド・デ・ラ・フエンテも、トップチームに参戦した最初のアメリカ人選手となったが、公式戦ではなかった。

9) バルサとアヤックス両方のユニフォームを身につけた選手は、これで26 人目となる。最初は、ヨハン・クライフであり、デストの前の最後は、フレンキー・デ・ヨングだった。フレンキー・デ・ヨングとは、再び、カンプノウで顔を合わせることになる。

10) 前述の26人のうち、実に10人が、バルサにアヤックスから直接、移籍してきた選手となる。ヨハン・クライフ、ヨハン・ニースケンス、リチャード・ビチュヘ、ウインストン・ボガルデ、ロナルド・デ・ブール、フランク・デ・ブール、ジャリ・リツマネン、ジャスパー・シレッセン、フレンキー・デ・ヨング、そして、セルジーニョ・デストだ。

mini_dest-3200x2000_ang
Força Barça
Força Barça

関連 関連コンテンツ

記事を閉じる

関連 関連コンテンツ