バルサの14 選手がゴール

バルサの14 選手がゴール

セルヒオは、今季、公式戦でゴールを決めたバルサの14人目の選手になった。

土曜日のセルタとの対戦は、再び、新たなデータを与えることになった。スコアを4-1にしたゴールを決めたセルヒオは、今季、FCバルセロナが公式戦でゴールを決めた選手リストに名前を連ねたのだ。そのリストは、14人にのぼる。このデータは、それまで13人の選手がゴールを決めていたエスパニョールを超えて、バルサをトップに押し上げた。ちなみに、 2017/18年には 18人、昨季は16人もの選手がゴールを決めているのは、注目に値するデータだ。

全大会で36ゴール 

14人もの選手と共に、バルサは大会全てを合わせて36得点をマークしている。エルネスト・バルベルデの率いるチームは、リーガで33ゴール、チャンピオンズリーグで3ゴールを決めている。現在まで行われた公式戦の大会は、この二つだ。

レオ・メッシ、得点王

もし、選手個人に焦点をあてれば、9得点でトップはレオ・メッシであり、続くのは、ルイス・スアレスの8得点、グリーズマンの4得点だ。メッシは、チームのみならず、リーガでも得点王ランキングのトップ争いにいる。バルサの10番は、現在、8ゴールをマークしており、ジェラルド・モレノに並んでおり、得点王のカリム・ベンゼマ(9)まで、後1ゴールと迫っている。

mini_2019-11-09_FCBvsCELTA_21
mini_2019-11-09_FCBvsCELTA_21
Força Barça
Força Barça

関連 関連コンテンツ

記事を閉じる

関連 関連コンテンツ