プレビュー: スラヴィア・プラハ vs FC バルセロナ

プレビュー: スラヴィア・プラハ vs FC バルセロナ

バルサは、チェコにて、 2019/20 年チャンピオンズリーグ、グループリーグ3節を戦う

バルサは、チェコ共和国に向かって遠征を行なった。目的は、この試合に勝ち、グループFのグループリーグで首位を目指すことにある。

試合をライブでフォロー

この試合のキックオフは、現地時間21時からになる。各国で、いつ、何時に行われるかの詳細は、こちらの視聴ガイドから。 

スラヴィア-バルサ戦視聴ガイド
スラヴィア-バルサ戦視聴ガイド

対戦相手

スタジアム: エデン・アレナ 

監督: インドジフ・トルピショフスキー

チェコトップリーグ記録 (2019/20): 13試合11勝 2分 0負 

興味深い統計とデータ

バルサは、チェコのチームとのチャンピオンズリーグにおける全4回対戦し、その全試合で勝利をあげている。( 99/00年のスパルタ・プラハ、11/12年のヴィクトリア・プルゼニ) 

スラヴィア・プラハは、バルサがチャンピオンズリーグで対戦する57チーム目となる。バルサは、これまで戦ってきた56チーム中、少なくとも54チームには勝利を一度はあげているが、唯一、それがかなっていないのが、IFKヨーテボリとボルシア・ドルトムンドだ。

バルサは、最近のチャンピオンズリーグでのアウェー戦2試合で、ゴールを決めていないが、この大会において、3試合連続でアウェー戦で無失点だったことはない。

スラヴィアは、欧州大会をホームで行なった最近の19試合で勝利をあげたのは、たった4回、また、そのうちの12試合で無得点だ。

バルサは、チャンピオンズリーグのグループリーグにおいて、最近、30試合で負けたことがあるのは、たった1回のみ、 2016年11月に行われたマンチェスターシティ戦(3-1)だけだ。バルサは、最近の16試合において、11勝5分と連続無敗記録を手にしている。

UCLでの初顔合わせ

両者がチャンピオンズリーグで戦うのは、今回が初めてであり、それ以外においても、公式戦で戦うのは、今回が初戦となる。

とはいえ、両者が顔を合わせたことがないわけではない。 1920年から1934年の間、両チームは、8回、顔を合わせたことがあるが、その全ては、親善試合であり、全試合ともバルセロナで行われている。

試合データ

1920316- FCバルセロナ 3 (アルカンタラ、マルティネス、サンチョ スラヴィア・プラハ 2

1920319日- FCバルセロナ 0 スラヴィア・プラハ 0

1920321日- FCバルセロナ 6 (アルカンタラ 、セスマガ 2、マルティネス、ビニャルス) スラヴィア・プラハ 0

19231230- FCバルセロナ 1 (マルティ) スラヴィア・プラハ 0

192411- FCバルセロナ 2 (サギ、ピエラ) スラヴィア・プラハ 3

193016- FCバルセロナ 6 (アロチャ、ゴイブル、パレラ 2、ディエゴ、ガルシア) スラヴィア・プラハ 3

193411- FCバルセロナ 2 (アルマウ、ゴイブル) スラヴィア・プラハ 3

193416- FCバルセロナ 2 (Quico, Artigas) スラヴィア・プラハ 3

招集メンバー

バルベルデは、前日に20人の招集リストを発表した。

遠征メンバーは、下記の通り: テア・シュテーゲン、セメド、ピケ、ラキティッチ、セルヒオ、トディボ、アルトゥール、スアレス、メッシ、デンベレ、ネト、ラングレ、ワゲ、グリーズマン、ジョルディ・アルバ、フレンキー・デ・ヨング、ビダル、ジュニオル、イニャキ・ペニャ 、アンス・ファティ

セルジ・ロベルトとユムティティが負傷欠場となる。また、監督判断により、アレニャとカルラス・ペレスが招集外

Força Barça
Força Barça

関連 関連コンテンツ

記事を閉じる

関連 関連コンテンツ