バルサ選手、デ・ヨング誕生

バルサ選手、デ・ヨング誕生

FCバルセロナの新加入選手は、イベントあふれる午後を過ごした

フレンキー・デ・ヨングのために、バルサカラーに染まった午後となった。バルサにやってきたこの若きオランダ人ミッドフィルダーは、ずっと笑みを絶やすことがなかった。デ・ヨングは、契約書にサインし、カンプノウで初めてボールタッチを疲労し、数多くのマスメディアとサポーターの前で、バルサのユニフォームに身を包み、入団記者会見で投げかけられた多くの質問に応対した。

公式発表

デ・ヨングは、エレガントな装いから、バルサのファーストユニフォームを身につけてみせた。スニョル会長VIPルームでは、ジョセップ・マリア・バルトメウ会長と共に、エレガントなフレンキーのすたがをみせ、FCバルセロナと今後、5年間、契約するサインを行なった。続けて、元アヤックスの選手は、ボールペンをおくと、自身の名前-F. De Jong -が背中に入ったユニフォームを身につけた。写真撮影を行なったあと、デ・ヨングとその家族、バルサのフロントのメンバーは、その場を後にした。

Bartomeu and De Jong at Llotja
Bartomeu and De Jong at Llotja

次に行なったのは、カンプノウの緑の絨毯を踏みしめることだった。19850人ものサポーターが待ち受けるsタジアムに降り立ったデ・ヨングは、大きな笑顔を隠すことができず、そこで、暖かい歓迎を受けることになった。バルサのエスクード のフラッグが、2019/20年最初の獲得選手に向かってたなびいた。その名前が入ったバルサのユニフォームを身につけたデ・ヨングに、バルサファンは、大歓声と共に拍手を送った。

カンプノウでのファーストタッチ

バルサのピッチで、デ・ヨングの足元がカラット級の輝きを放った。両足でボールを扱い、オランダ人選手は、ボール扱いのそのスキルをみせた。左から、右へのボールタッチ、パス、バルサアカデミーの子供達を前にしたドリブルを始め、スタンドに放たれたシュートが、デ・ヨングを出迎えるためにスタジアムを埋めたサポーターを、盛り上げる結果となった。とはいえ、最も、観衆が湧いたのは、FCバルセロナのクラブ章にキスした瞬間だった。

その後、バルサにやってきた20人目のオランダ人選手のことばが、カンプノウに響いた。「カンプノウは、すごい。ここでプレーしたい気持ちでいっぱいです」フレンキー・デ・ヨングは、カンプノウのピッチで、自らの夢を語った。この舞台は、バルサのユニフォームを着て、デ・ヨングが行う最初の試合を待ちわびている。

忘れることのない1日

バルサファンにとって、感動的な1日であり、その日の様子は、写真に永遠に収められた。契約書サイン、カンプノウでの最初のボールタッチ、記者会見など、この特別な1日の写真ギャラリーをここから楽しむことができる。

Força Barça
Força Barça

関連 関連コンテンツ

記事を閉じる

関連 関連コンテンツ