チャンピオンズリーグ2019/20の概要

チャンピオンズリーグ2019/20の概要

FCバルセロナを含む25チームが来季大陸最高レベルの大会のグループリーグへの参加が決まっている

チャンピオンズリーグ2019/20の全貌が明らかになり始めている。現時点ですでに大陸最高レベルの大会でグループリーグへ直接出場する25チームが決まっている。

リーガ・エスパニョーラ、プレミアリーグ、ブンデスリーガ、セリエAのそれぞれ上位4チームの他、フランス、ロシアから各2チーム、さらにポルトガル、ベルギー、ウクライナ、トルコのリーグ覇者が名を連ねることになる。

ラ・リーガ:FCバルセロナ、アトレティコ・マドリード、レアル・マドリード、バレンシア

プレミアリーグ:マンチェスター・シティ、リバプール、チェルシー、トッテナム

セリエA;ユベントス、ナポリ、アタランタ、インテル・ミラノ

ブンデスリーガ:バイエルン・ミュンヘン、ボルシア・ドルトムント、ライプツィヒ、バイエル・レバークーゼン

リーガ1:PSG、リール

プリメイラ・リーガ:ベンフィカ

ベルギーリーグ:へンク

ロシアリーグ:ゼニト、ロコモティフ・モスクワ

ウクライナリーグ:シャフタール・ドネツク

トルコリーグ:ガラタサライ

オーストリアリーグ:ザルツブルク

mini_3200x2000_Champions_League (002)
mini_3200x2000_Champions_League (002)

ザルツブルクは、2018/19季決勝に進出したリバプールとトッテナムが新シーズンの大会へ出場を決めているため本大会出場が決まった。

以上25チームのほか、ヨーロッパリーグの優勝チームも来季チャンピオンズリーグの出場権を得る。バクーで行われる決勝のカードはアーセナル対チェルシーで、アーセナルが優勝を決めた場合、イングランドから計5チームが参加することになる。一方チェルシーが優勝した場合、すでに本大会出場権を得ているためフランス、リーガ1で3位のオリンピック・リヨンが出場権を得る。

 

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる