コウチーニョ、10日間離脱

コウチーニョ、10日間離脱

コウチーニョは、検査の結果、左足の左大腿部の大腿二頭筋を損傷していることがわかった

フィリペ・コウチーニョに行なった検査は、ブラジル人選手が左大腿部の大腿二頭筋を損傷していることを示している。離脱期間は、約10日間になると見られる。バルサの7番は、バルサが勝利したヘタフェ戦2-0)でスタメン出場したが、負傷し、68分にアベル・ルイスと交代した。

ブラジル人選手は、今季、リーグ戦で34試合 (2.019分間)プレーしており、5得点2アシストを決めている。 

2018/19年を通して、ブラジル人選手は、全大会を合わせて、53試合に参戦し、リーグ戦で5ゴール、チャンピオンズリーグで3ゴール、国王杯で3ゴールをマークしている。また、欧州大会では、ゴールに繋がるアシストパスも3回出している。

 

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる