ルイス・スアレス、4-6週間、離脱へ

ルイス・スアレス、4-6週間、離脱へ

バルサの ‘9’ 番は、右膝の半月板損傷の関節鏡検査の手術を行なった

トップチームの選手、ルイス・スアレスは、右内膝の半月板を負傷し、昨晩、クラブのメディカルサービスの監督下で、クガット医師により、関節鏡検査の手術を行なった。離脱期間は、約4ー6週間となる。

よって、FCバルセロナの選手は、今季、残っている後、3試合を欠場することになる。残されている試合は、リーグ戦2試合、ヘタフェ戦とエイバル戦及び25日にベニト・ビジャマリンで行われるバレンシアとの国王杯決勝だ。 

49試合で25ゴール 

ルイス・スアレスは、今季も再び、 ゴールの保証となった。2018/19年の間、25回、相手のゴールに突き刺し(リーガで21回、国王杯で 3回、チャンピオンズリーグで1 回)、チームのゴールランキングで2位であり、その前にいるのは、リオネル・メッシのみだ。

バルサのアタッカーは、カンプノウで行われたリーガのクラシコでハットトリックを決めた(5-1)ほか、 今年4月23日にリーガで131ゴール目を決め、ラディスラオ・クバラの記録とタイになり、リーガのバルサ史上におけるゴールランキングで3位となった。

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる