リバプール – バルサ: チャンピオンズにアディオス (4-0)

リバプール – バルサ: チャンピオンズにアディオス (4-0)

バルベルデの率いるチームは、アンフィールドで倒れ、ワンダ・メトロポリタノでの決勝進出は夢と散った

あと、1ゴール。マドリードで再び、チャンピオンズリーグの優勝杯を持ち上げる夢は、リバプールを前にアンフィールドで散った。 第二レグの結果は、4-0 であり、バルサは、オリギとワイナルダムがそれぞれ、2ゴールを決め、クロップが率いるチームは、ワンダ・メトロポリタノの決勝行きのチケットを手にした。

リバプールのインテンシティとスピードが、試合の決定的要因となった。リバプールは、前半7分に先制点をマークし、最初から、ゲームを支配すべく、タフな試合を望んできた。だが、オリギが先制点を決めた時点では、まだ、可能性は残されていた。

メッシやコウチーニョがそれぞれ、スコアを同点にするシュートチャンスを手にし、また、ジョルディ・アルバも明確なゴールチャンスを手にしたが、この日、バルサが放ったシュートは、ことごとく、アリソンの掌中に収まる結果となった。

後半、リバプールの勢いは、止まらず、後半9分に、アレクサンダーーアーノルドのセンタリングから、ワイナルダムが追加点をマーク。スコアを2-3にし、その2分後の後半11分には、再び、またワイナルダムがテア・シュテーゲンのゴールに3点目を突き刺し、あっという間にスコアを同点にした。バルベルデ監督は、後半15分、コウチーニョに変えてセメドを、後半29分にビダルに変えてアルトゥールを投入し、状況の打開を図ったがバルサの敗退を決定的にした4点目は、リバプール有利なCKのセットプレーから生まれた。ディフェンスが一瞬、気を抜いた隙をついて、オリジが後半34分に、ゴールを突き刺し、4-0になったスコアは、最後のホイッスルが鳴るまで変わることはなかった。

あと、1ゴール。その1ゴールが及ばず、マドリードで再び、チャンピオンズリーグの優勝杯を持ち上げるという目の前にあった夢は、アンフィールドで散ることになった。バルベルデのチームにとっては、昨年に続く厳しい打撃となった。

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる