マッチプレビュー: セルタ vs バルサ

マッチプレビュー: セルタ vs バルサ

この3年間、バライドスは、バルサに勝ち点3を与えていないーいざ、記録を変える時だ!

リバプールを前にして、バルサチャンピオンズリーグ準決勝の第一レグと第二レグの間に行われるリーグ戦が、バライドスで行われる、レバンテを1-0で下したあと、すでにリーグ優勝を決めたバルサにとって、この試合は、消化試合となる。これ以上、次点のアトレティコ・デ・マドリードに勝ち点差をつめられることはないからだ。

対戦相手

セルタ は最近の7試合中で、たったの1試合しか、負けていない。そのおかげで、残留ゾーンに戻ったものの、降格ゾーンまでの勝ち点差は、2点とあり、予断を許されない状況だ。

イアゴ・アスパスは、スペインリーグのスコアランキングで6位であり、過去にバライドスで、バルサに3回、ゴールを決めている。肩を負傷しているものの、プレーすることが期待されている。

また、今季、スコアランキングベスト20内に12ゴールで入っているマキシ・ゴメスやアシストランキングで8位のブライス・メンデスなどがいる。

対戦データ

バライドスは、バルサにとって、強いスタジアムではない。最近4試合のうちー3試合がリーガ、1試合が国王杯ー、セルタは2勝2分の結果を出している。

セルタは、カンプノウでもドローを手にしているが、それは、今季ではない。今年は、デンベレとメッシがゴールを決め、2ー0でホームでは制している。

バルサチーム

バルサは、現在、来週行われるアンフィールドでのチャンピオンズリーグ準決勝第2レグに照準を合わせている。次なるタイトルを目指し、バルベルデは、キープレーヤーとなるテア・シュテーゲン、ピケ、スアレス、メッシ、ジョルディ・アルバ、セルジ・ロベルトを遠征メンバーから外すことを決めた。また、ラキティッチとセルヒオは、累積欠場、ラフィーニャが負傷欠場となる。

一方、ウエスカ戦での疑問を払拭すべく、あらたに、ワゲ、トディボ、リッキー・プッチなどにチャンスが巡ってくることとなる。また、ミッドフィルダーのアレックス・コジャドも招集された。

通常、レギュラーではないケビンープリンス・ボアテングやマウコム、ムリージョは、チャンスが与えられる可能性が高い。

この試合で、ジャスパー・シレッセンは、スタメンでプレーすることになり、イニャキ・ペニャがベンチで第二GKとして控えることになる。

監督視点

エルネスト・バルベルデ: 「私たちは、ウエスカ戦で大きな交代を行なった。その際、チームは、高いモチベーションで答えた。だが、同じイレブンで明日、プレーするといっているわけではない。とはいえ、私たちの意思は、勝つことにある」

「通常、レギュラーじゃないメンバーがチャンスをエルことになるが、私たちは、できる限り、同じようにハードに競争して欲しい。私たちの目の前には、決勝が目の前にあり、準備をしていかなければならない」

フラン・エスクリバ: 「バルベルデにとって、選手を温存するのは、論理だし、彼はどうすべきなのか、わかっている。だが、同じく私たちにとっては、タフな仕事を要求される相手となる」

「メッシを残して来てくれて嬉しい。彼は、かつて私が見たことのない最高の選手だと思う。彼は10年以上もの間、素晴らしいサッカーを披露し続けている。彼が残しているものは、あまりにも大きく、彼が引退した時、その代わりを見つけるのは、非常に難しいだろう」

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる