ベルナベウでの 2-6 から10年

ベルナベウでの 2-6 から10年

あの印象的な勝利が刻まれたバルサの覇権から、10年が経過

2019 年5月2日、バルサがチャンピオンズリーグ準決勝第1レグでリバプールを前に偉大な勝利(3-0)をあげたこととは、別に祝う出来事がある。10年前、この日、FCバルセロナは、サンティアゴ・ベルナベウで、永遠の宿敵、レアル・マドリードを記録的な大差ゴール、2-6で破って勝利をあげたのだ。

当時、ジョセップ・グアルディオラが率いていたバルサは、リーガの34節でのクラシコで、アンリとメッシのダブルゴールピケプジョルのゴールで、合計6得点をあげ、フアンデ・ラモスの率いるチームを堂々と制し、タイトル制覇につながる勝利を手にして、サッカーの栄光を形にしたショウを披露したのだった。

 この歴史的な勝利を手にした時のグアルディオラ率いるバルサのスタメンは、以下の通り:バルデス、ダニ・アウベス、プジョル、ピケ、アビダル、トゥーレ・ヤヤ(85分ボジャン)、イニエスタ(85分 セルヒオ)、シャビ、アンリ(60分 ケイタ)、メッシ、エトー

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる