カンプノウ、チャンピオンズリーグで6年間無敵

カンプノウ、チャンピオンズリーグで6年間無敵

チャンピオンズリーグ準決勝第一試合で、リバプールを 3-0 で下したバルサは、チャンピオンズにおいてのカンプノウでの強さを改めてみせた。

ヨーロッパで、バルサは、カンプノウでの強さをみせている。実際、今週の水曜日に、再び、ホームでのチャンピオンズリーグのリバプールとの試合で、勝利(3-0)をあげた。バルサは、これで32試合、チャンピオンズで負け知らずだ。レアル・マドリードは、1975年から1990年まで、32試合連続で無敗、また、バイエルン・ミュンヘンは、1969年から1991年まで43試合無敗だった記録を持っている。

バルサが最後にホームで負けた時のスコアも、0-3であり、対戦相手は、バイエルン・ミュンヘン、2012/13 年準決勝の第二レグでのことだった。その時以来、24もの異なるチームと対戦しながら、カンプノウで行われた32試合で、どのチームも、バルサを負かしたことはない。

また、カンプノウで行われたこれらの試合で、バルサが決めているゴール総数は、93、一方の失点は15のみだ。バルサのディフェンスレベルは高く、この間、ずっとゴールを守っているテア・シュテーゲンは、32試合のうち、17試合を無失点で抑えている。

この中には、2017年 PSGでの忘れられない 6-1や2015年のバイエルン・ミュンヘンとの勝利3-0、2016年のマンチェスターシティでの4-0、オリンピークを前に決めた5-1などの歴史的なゲームの数々が含まれている。.

 

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる