東京: FC バルセロナ – チェルシー

東京: FC バルセロナ – チェルシー

バルベルデの率いるチームは、日本でのツアーをロンドンのチームと7月23日に埼玉スタジアム2002にて、ロンドンのチームと対戦する。

FC バルセロナは、2019/20年のプレシーズンを最高レベルの試合をチェルシーと 戦いつつ、スタートする。場所は、クラブがサマーツアーを行なう日本だ。試合は、7月27日に東京で行なわれ、 バルサが主役となる2試合が、「Rakuten Cup」の一貫として行われる。

都市: 東京

日本の首都であり、人口8百万人以上を抱える、世界で14番目の大都市であり、世界における金融の中心でもある都会だ。東京は、1964年にオリンピックを開催したことがあり、現在、2020年の五輪開催準備を行なっている。

FCバルセロナにとって、東京や日本を訪問するのは、初めてのことではない。最後にバルセロナが訪れたのは、 2015 FIFA クラブワールドカップに出場した時であり、横浜国際総合競技場で、リーベルプレートを前に勝利をあげた時だった。同じスタジアムで、2012年にサントスを相手に大会を制覇している。

スタジアム: 埼玉スタジアム2002

だが、バルサとチェルシーとの対戦自体は、埼玉スタジアムで行われる。2001年にオープンし、Jリーグの浦和レッドダイヤモンズのホームスタジアムであり、収容人数は、 63.700人。東京近郊エリアであり、2002年のワールドカップグループリーグの試合や元バルサの選手、ベジェッティ、エジミウソン、ロナウド、ルストゥなどがプレーした準決勝のブラジル対トルコ戦 がこのスタジアムで行なわれている。

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる