最近、24年間で最も若いイレブン

最近、24年間で最も若いイレブン

エルネスト・バルベルデは、今季、リーガで最も平均年齢が若い イレブンー24歳133日ーを 起用した。

エル・アルコラスでの試合は、スペシャルなものとなった。ドロー(0-0)で終わったウエスカ戦で、バルサは勝ち点3をあげることはできなかったが、 リーガで勝ち点1をあげ、一歩ずつ、タイトルに向かって近づいている。試合は、トディボとムサ・ワゲにとって、トップチームでデビューした初試合となった。また、リキ・プッチとジェイソン・ムリージョにとっても、リーガデビューを果たした試合となった。

リーガで最も若いイレブン

また、それだけでなく、バルサは、エル・アルコラスで最も若いスタメンで試合に臨んだ。バルサのウエスカ戦でのスタメンの平均年齢は、24歳133日であり、このスタメンは、今季のリーガにおいて、最年少の平均年齢となった。

1995年以来、最も若いスタメン

今季のリーガのみならず、バルサで、ほぼ24歳というスタメンは、とても長い間、起きていなかった。最後にこの平均年齢だったのは、1995年10月7日のベティス戦であり、その試合では、「ミニ世代」のバルサの選手が主役となり、試合を1-5で堂々と制した。マシア出身の選手、ルジェ・ガルシア、アルベルト・セラデス、トニ・ベラマサン、イバン・デ・ラ・ペニャが、ルイス・フィーゴと共にゴールを決めて、この日、バルサに勝利をもたらしたのだった。

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる