オールド・トラフォードでのバルサのDNAゴール

オールド・トラフォードでのバルサのDNAゴール

バルサの選手 11人が、194 秒間、続けたコンビネーションプレーが、ゴールをネットに押し込んだ

バルサの哲学は、ドリームシアターでも健在だった。とりわけ、バルサのゴールにそれは、顕著に現れた。エルネスト・バルベルデの率いるチームは、ネットを揺らすまで、星の数ほど、ボールにタッチした。そのプレーは、記憶に止めるにふさわしいものだ。このスタジアムでの初勝利は、これ以上ないという最高のスタイルで手に入れることになった。

今回のチャンピオンズリーグでこういったプレーを行なったのが、初めてではない。バルベルデの率いるバルサは、バルサのDNA あふれるゴールを例えば、グループリーグで最初にプレーしたPSVとの試合で、バルサは、らしさを前面に出した4-0の勝利を手にした。ウェンブリーでも、トッテナムを前に決めた勝利、1-3の試合でのゴールは、バルサのDNAあふれるものだった。

バルサの全選手が参加したゴール

そして、マンチェスターでも、バルサの DNAあふれるゴールが訪れた。47回のパス、 194 秒、11人のプレイヤー 。 ジェラルド・ピケが自営からスタートし、始めたプレーが、ルイス・スアレスのヘディングに繋がった。最終的には、それを触ったショウのゴールとなったが、そこに至るまで、ゴールとなったボールは、テア・シュテーゲン、ラキティッチ、ブスケッツ、アルテュール、ジョルディ・アルバ、コウチーニョ、メッシ、セメド、ラングレのシューズを通って行った。その間に、スモーリングも、ボールに触れている。

つまり、この日の決勝点となったオールド・トラフォードのゴールには、FCバルセロナの選手全員が関与したことになる。この偉大なゴールは、ドリームシアターで、バルサのDNAが精彩を放った結果、生まれたのだった。

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる