バルサ - アトレティコ・マドリード: リーガに王手 (2-0)

バルサ - アトレティコ・マドリード: リーガに王手 (2-0)

スアレスとメッシが最後の5分に決めたゴールが、バルサに勝ち点3を与える結果となった。

カンプノウに魔法がかけられた夜となった。この日、今季、3番目の観客、92.453人が、バルサがアトレティコ・マドリードを、メッシとスアレスのゴールで、制した試合(2-0)の証人となった。この試合で、バルサは、アトレティコを前に勝ち点11点差をつけて(また、ゴールアベレージでも上回っている)、後、7節を残すところとなった。 

バルサの支配

試合の最初から、ゲームはバルサカラーだった。そのバルサに最初にバルサに絶好のチャンスが訪れたのは、前半13分。メッシのアシストから、ジョルディ・アルバがシュートも、ポストに弾け、先制点とならなかった。前半20分には、ルイス・スアレスがチャンスを手にするも、シュートは枠をとらえず、その後、27分にも再び、スアレスとコウチーニョがゴールを攻めるも、オブラックのクリアにあった。

前半28分には、ディエゴ・コスタがレッドカードを受けて、アトレティコは、残りの時間を数的不利な形で戦う状況に陥った。前半60%以上のポゼッションを誇り、前半43分には、メッシがゴール前からシュートもオブラックがセーブ。前半終了間際も、カウンターから、メッシが前半にボールを持っていき、コウチーニョがシュートを放つも、再び、オブラックの掌中にボールは収まり、ゴールを崩すことはできないまま、前半はスコアレスドローで終わった。

後半後半16分には、メッシがドリブルで抜いて、絶好のチャンスを生み出すも、ルイス・スアレスの放ったシュートは、再び、ゴール枠に収まることがないまま、ゲームは続いた。

執念の勝利

その状況が変わったのは、後半39分、スアレスがエリア正面からクロスシュートをオブラックのゴールに突き刺したからだった。その後、続けてメッシが決定点となるゴールをマークし、試合は、あっという間に2-0になった。この勝利で、バルベルデのチームは、勝ち点を73点に伸ばし、新居のアトレティコと11点差をつけて、リーグ優勝に王手をかけたのだった。

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる