6年連続準決勝進出!

6年連続準決勝進出!

過去にチャンピオンズリーグで6回連続で準決勝進出を果たしたチームはない。 最後にバルサが準決勝進出前に敗退したのは、 2006/07 年だ。

毎年の伝統になりつつあるとはいえ、これは容易なことではない。今週の水曜日、パリス・サンジェルマンを制して、 FC バルセロナは、チャンピオンズリーグの準決勝のチケットを6年連続で手にした。これは、チャンピオンズリーグが現在のフォーマットになってから、史上初のことだ。(1992/93年以来)

その前の記録は、昨シーズン破られたばかりだった。5シーズン連続記録を達成していたユベントス(1995年から1999年)がそれまでの最高記録で、それにレアルマドリードの4年連続 (1999年から2003年) が続くが、もう、12年前の記録になる。

ライハールドからビラノバ へ

その意味でも、FC バルセロナは、欧州レベルでの手本となり続けている。この4年間で、2回、大会チャンピオンとして君臨し、 2007/08年からは、毎年、ベスト4に入り続けている. ライハールドがベンチに座っていた最後の年は、準決勝でマンチェスターユナイテッドの前に敗退している。

ジョセップ・グアルディオラが率いていたバルサは、そのリズムを落とすことなく、4年連続でバルサを準決勝へと導き続けた。また、決勝にもたどり着き、2009 年と2011年には、チャンピオンに輝いた。そして、今、ティト・ビラノバを第一監督に迎え、その伝説は生き続けている。

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる