メッシ、モロッコ戦欠場へ

メッシ、モロッコ戦欠場へ

メッシは、ベネズエラを前にキャプテンとしてアルゼンチンを率いたが、違和感があるため、タンジェでの次戦には欠場する

リオネル・メッシは、アルゼンチン代表で夢見たような復帰を果たすことはできなかった。アルゼンチンは、ベネズエラとの親善試合で黒星を喫した (1-3) 。試合会場は、チャンピオンズリーグの決勝会場となるマドリードのワンダ・メトロポリタノが使われた。

バルサの '10' 番は、スタメン出場し、キャプテンマークをつけてフル出場を果たした。試合中、積極的な意思を見せて動き、とりわけ、後半は、執拗にゴールを狙ったが、最後までその努力は報われずに終わった。

ロサリオ出身のスター選手にとって、2018年ロシアワールドカップのベスト8で、ユムティティやデンベレのフランス代表ー大会のチャンピオンになったーに敗れて以来の代表選参戦となった。メッシは、全史上において、代表の最多得点王であり、これまで129試合に出場し、68得点を決めている

モロッコ戦は欠場

アルゼンチン代表は、試合後、メッシが恥骨に違和感を感じているため、3月26日に行われるモロッコとの親善試合には、スカローニの指揮下、プレーしないことを発表した。

 

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる