スアレス、10日から15日間離脱

スアレス、10日から15日間離脱

月曜日に行われた検査の結果、スアレスはベティス戦で右足首を負傷したことが確認された

月曜日の午前中に行われた検査の結果、トップチームの選手、ルイス・スアレスは、右足首を捻挫していることが確認された。離脱期間は、約10日から15日間。選手は、クラブのメディカルサービスと共にリハビリを行い、ウルグアイ代表には参戦しない。

バルサのストライカーは、ベニト・ビジャマリンで行われた試合(1-4)の最後で違和感を感じ、ピッチから去って、カルラス・アレニャと交代していた。バルサの9番は、ゴールを決めースアレスは、0-3となるゴールを決めたー、レオ・メッシの2ゴール目のアシストを送ったが、その後、負傷で交代することになり、ほろ苦に思いでピッチを去ることになった。

このゴールで、スアレスはリーガでの18ゴール目をマークし、リーガでのゴールランキングは、レオ・メッシ(29)についで2位になり、また、このゴールで、ウルグアイ人選手として、リーガで129ゴールを決めたディエゴ・フォルランの記録と並んだ。 

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる