完璧な勝利 (1-4)

完璧な勝利 (1-4)

レオ・メッシのハットトリックとルイス・スアレスのゴールでバルサは首位を独走し、代表週に入ることになった。

ベニト・ビジャマリンで行われた、ベティスとの試合は、ハットトリックを決めたメッシとスアレスゴールで、FCバルセロナがこのテストを乗り越え(1-4)、試合を制して、代表週を迎えることになった。

メッシのリード

ベティスとの試合で、バルサ史上における公式戦出場ランキング2位のアンドレス・イニエスタとタイで並んだレオ・メッシは、この記念すべき日を先制点をマークして、スタートした。

前半18分、エリア外でファウルチャンスを得たバルサの10番は、パウ・ロペスが唯一、手の届かない位置にシュートを突き刺した。リーガで最もポゼッションを誇るバルサとベティスの試合とあって、バルサは通常に比べ、ポゼッションを手にすることができずにいたが、前半終了間際に、再び、メッシが追加点をマークし、スコアを0-2に伸ばし、前半を終えることになった。

メッシは、この記念すべき公式戦674試合目で、得点数を2ゴール伸ばし、589ゴール目をベニト・ビジャマリンで決めた。

 

スアレスの追加点、メッシのハットトリック

この試合でコントロールを握っていたベティスは、同点にできるチャンスを手にしたが、バルサのディフェンスは集中力を失わなかった。その試合で、何度となくシュートを放ち、好機を手にしたスアレスだが、ゴールに嫌われ、シュートがようやく決まったのは、後半17分だった。ドリブルで3人ものディフェンダーを抜き、今季、18ゴール目をマークし、試合は、0-3になった。また、このゴールは、リーガ史上におけるウルグアイ人選手が決めた最多ゴール記録を手にしていたディエゴ・フォルランの記録と並ぶものになった。

後半36分、ロレンがベティスに1点を返したが、後半40分、メッシがこの日、三度目のゴールをマークし、ベティスの夢を砕いた。メッシの放った芸術的ゴールに、ベニト・ビジャマリンのスタンドは、拍手で応えた。敵地のスタンドから、メッシコールが響いた。首位を独走するチームにふさわしい完璧な勝利だった。

 

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる