PSGでの逆転から2年

PSGでの逆転から2年

2017年3月8日、カンプノウは、チャンピオンズリーグでPSGを 6-1 で制して、大逆転を達成したのだった

2017年3月8日 はFCバルセロナの歴史に金色に刻まれた日だ。当時、ルイス・エンリケが率いていたバルサは、チャンピオンズリーグ16強第一レグの4-0という結果をひっくり返す必要があった。そのまさかを6-1という結果を出し、達成してみせたのである。それも10数分という短い間に3ゴールを叩き込み、次の進出に向けて一歩を踏み出したのだった。

セルジ・ロベルトのゴール

中でもカンプノウを揺るがしたのは、セルジ・ロベルトだった。レウス出身の選手は、この大逆転のクライマックスとなったゴールを決めたのである。「あの夜は、眠れなかった」とセルジ・ロベルトは、その後のバルサTVでのインタビューで、思い起こしている。この6ゴール目は、バルサファンの記憶に永遠に刻まれるだろう。FCバルセロナ史のベストゴールを選ぶBest Goal Ever でも、まだ、残っている。

セレブレーション

選手、スタッフコーチ、サポーター、誰もがこの歴史的な勝利を祝った。試合終了の笛が鳴り、欧州でも、かつて前例のない大逆転が決まった夜、祝勝セレブレーションは、ずっと続いた。

試合以上

FC バルセロナ 6 - PSG1 の試合は、永遠の記憶に残るものとなった。レオ・メッシがサポーターと共に映り、あの興奮を捉えた一枚のスペクタクルな写真がこの試合でのアイコンとなった。この試合は、2017年にツイッターで最も多く話された試合にもなった。あの大逆転から、2年が過ぎたが、今でも思い出したくなる試合だった。 

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる